整体院|よくある質問

整体院(東京都中央区)築地・整骨範へよくある質問

よくいただくご質問をまとめましたので参考にしてください。

痛くないのですか?

当院では関節を振動したり皮膚をさすったりしてゆっくり整える痛みのほとんどない特殊な施術を行っております。幼児からご年配、骨の弱い方も安心して受けられます。(痛みを与えると交感神経が刺激され、興奮した感覚神経が再び痛みを増強させてしまう恐れがあります)

なぜ身体は歪むのですか?

感染症を除くほとんどの体調不良は骨格や筋肉のバランス(屈筋と伸筋の緊張差)の崩れによる血流障害と考えられます。身体はストレスや緊張、過労などによって血流障害に陥いります。それにより筋肉は凝り固まってバランスが取りずらくなり、時間とともに関節どうしが元に戻れないバランス(ロック状態)になるのです。歪んでしまった身体での運動や歩行はかえって自律神経の乱れを引き起こしたり症状を悪化させる場合がありますが、身体には順応性(慣れ)があるためほとんどの方は歪みや症状が進行していることに気付きません。それゆえ体調が思わしくない時は痛みがあるなしに関係なく無理してはいけないのです。

痛みやしびれはどうして出るのですか?

全てがそうとは限りませんが、筋肉や神経は歪みの進度によって引き伸ばされて初めて「倦怠感 ⇒ コリ・張り・痛み ⇒ シビレ ⇒ 感覚鈍麻(鈍い、無感覚)」などの順番で違和感を感じると思われます。筋肉や靭帯の緩い体質の方には痛みやシビレを飛び越えていきなり感覚鈍麻になっているものも少なくありません。患者さんの訴えには色々なものがありますが、症状は歪み方とその進度によって決まってくるようです。痛みには個人差がありますが、痛みの大小は人それぞれの脳が判断して出現していると言われています。つまり同じ刺激を与えても同じ痛みを感じるわけではないということです。

健康保険や自賠責保険、労災は使えますか?

骨格矯正及び光線療法は特殊な施術のため健康保険が適用されません。但し、自賠責保険や労災保険に限ってはそれぞれの担当者の見解により認められる場合があります。ご確認の上ご連絡下さい。

鍼灸・マッサージ、指圧は出来ますか?

当院は鍼灸マッサージ院ではありませんのでお断りしています。また鍼灸・マッサージ、指圧はそれぞれの法律により専門の国家資格が無い者はしてはいけないことになっていますのでご注意下さい。

外反母趾は治るのですか?

外反母趾は上位にあるどこかの関節の歪みをかばって足の関節が捻れて起こるか悪い姿勢によるものです。偏平足や甲高も同様です。足のトラブルは他の部分の痛みの元になっている場合が多いので早めに対処しなければなりません。このような関節の歪みは手術では治りません。当院は他の整体で行っている「足底板療法」や「反射区療法」ではなく直接足の骨の構成を調整していきますので、病的に変形したものでなければその場で整ったきれいな足になります。また、手指の第1関節に出来る変形(へバーデン結節)も外反母趾と同様に他の関節をかばうか、使い過ぎによって起きる歪み由来の炎症です。放っておくと他の部分の痛みの原因となる恐れがありますので出来るだけ早期に整えておくことをお勧めします。

服装はどうしたらいいですか?

施術に関してはお着替えをご用意してありますのでお気軽にお越しください。
光線療法の場合は、高い効果を得る事及び皮脂腺より大量の発汗があるため基本的にはドーム内で軽装になっていただきます。(バスタオル有)
生理中の方もタンクトップとショートパンツはこちらでお貸しできますので下着の替えのみご用意下さい。

施術前後に気を付けることはありますか?

施術前は大量の食事、飲酒後をなるべく避けて下さい。施術後は激しい運動および2時間以内の入浴、飲酒は心臓への負担となりますので避けて下さい。

風邪気味で微熱がありますが診てもらえますか?

光線療法であれば解熱作用があり筋肉及び関節の痛みを緩和しますので風邪も含めて適応になります。安心してご来院下さい。

痛みは無いのですが何となく体調がすぐれません。
診てもらえますか?

「猫背やO脚、手足の冷えやむくみ、シビレなどの自覚症状がある」「血液検査で食事指導をされるような項目に引っかかった」「今は何でもないのですが、時々ぎっくり腰や寝違いが起きる」など、痛みは無くてもたくさんの方が来院されています。また、この様な状態は知らず知らずに悪くなりすぎて症状を自覚できない重症者に多くみられますのでお早めにご相談下さい。

このページのトップへ戻る

現在地:トップページよくある質問

整体院(東京都中央区)築地・整骨範のご予約はこちらからどうぞ